便秘解消に励む中で気付いた事

便秘解消に励む中で気付いた事

長らく便秘気味だった私ですが、この1年ぐらいでかなり解消してきました。

 

不快感に別れを告げようと、色々な方法にチャレンジしたのです。

 

まず最初は食事を見直しました。ここが便秘解消の一番の基本だと思いました。

 

食物繊維を多く取るようにして、さらに小まめな水分補給を心がけました。

 

便秘解消に効果有り http://www.hagamoscuentas.com/

 

これは一応の効果がありましたが、無理に野菜や水分を多く取ろうとすると、逆におなかを壊してしまう結果にもなりました。

 

食事面での便秘解消は適度にやるという事が大切であると思います。

 

続いて運動です。これは胃腸に適度な刺激を与えるという意味があります。消化吸収、そして排出という流れを活発化させるのです。

 

食事ほどの効果はありませんでしたが、それでも運動後に便意を催すこともありました。

 

 

 

ちなみに運動はウォーキングと室内での踏み台昇降をやりました。

 

食事と運動による便秘解消の日々の中で気付いた事がありました。

 

それは十分な睡眠を取れた日や大笑いしてストレスが発散出来た日には、普通にお通じがあったという点です。

 

これは私だけかも知れないのですが、もしかすると便秘は疲れや精神面も関係するのではないかと思うのです。

 

もし色々な方法を試しても効果が無かった人がいましたら、参考にしてみて下さい。

便秘解消のためのマッサージ

 

私は便秘解消として腹部のマッサージを行っています。

 

普段、テレビを見ている時に暇潰しがてらに腹を両手で揉んで、便の動きを良くしています。

 

 

 

勿論、トイレにて排泄をする際にも腹部を揉むことで便が出やすくなるのを実感しています。

 

今日は便が硬いな、出にくいな、と思った時には腹部を揉むだけではなくて、汚い話で恐縮ですが臀部辺りも揉む事で便がスムーズに出てきてくれます。

 

私はこの便秘解消マッサージにはとても助けられており、マッサージが無ければ無理やり腹筋のみで便を出し続け、ぢになっていたのでは、と思っています。

 

勿論、マッサージに頼るだけではなくて食事も気を遣っています。

 

食物繊維を採る事が便秘解消には肝心となりますが、少量摂っただけでは効果は少ないです。

 

 

 

私は便が出にくい日々が続くと、食物繊維をたっぷり含んだわかめをどんぶり一杯分くらい食べて、便秘解消に努めています。

 

わかめだけを食べるのは勿論辛いので、うどんと一緒に食べたり、お雑煮にして食べたり、わかめサラダにして食べるのをお勧めします。

 

他にも100パーセントの野菜ジュースも一日一リットル飲むことで便が沢山出るようになるのでお勧めしています。

 

私は野菜ジュースを一リットル飲むと一日二回も便が出ます。

便秘の原因と便秘解消法

 

便秘解消の為にはまず原因究明が先決です。

 

一つ目に便秘になってしまうものとして腸の働きそのものが弱ってしまっている事にあります。

 

腸も体の一部である為に老化もしていきますし、腸を活発に動かせる状況に無ければ伸縮性が弱くなってしまいます。

 

このタイプは食生活や運動によって解決をする事ができます。

 

 

 

二つ目に先ほど腸は体の一部と言いましたが、運動能力だけでなく精神の状況も直結しています。

 

その為に不安定な精神状態ですと腸の動きもおかしくなってしまいますので、ストレスフリーな状況に改善すると治る事もあります。

 

 

 

そして最後は便に行きたいと思っても、仕事などで中々行けない状況の時というのがあります。

 

そこで我慢をするというのが習慣になってしまうと、本来はスムーズに出てきていたものが、我慢によって直腸でストップしてしまい、そこで水分が抜けてしまいます。

 

それによって今度は出したくても出せないという状態になってしまい、便秘へと発展してしまいます。

 

この状態は水分が抜けてしまって出しにくい状況であるので、下剤を使っても効果がなくなったり、使いすぎる事によって直腸自体にあまり効かなくなってしまうのです。

 

便秘解消法はまずは出す事から始め、トイレを含めた生活習慣を整える事で改善をする事ができます。